サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

makokenpapaさんの作物

makokenpapa

makokenpapaさん

(福岡県)

同じ作物を育てている人一覧は、現在表示できません。

名前:2020ミニトマト5種の栽培
品目:ミニトマト
品種:ピンキー、CFプチぷよ、ほれまる、アイコ、千果
場所:地植え
メモ:2020春作プチトマト定番5種
状態終了(2020/09/19:収穫)
[作業スケジュール]
スタート 2020/02/16 | 1日目
種まき 2020/02/16 | 1日目 日記
発芽 2020/02/19 | 4日目 日記
育苗 2020/02/24 | 9日目 日記
鉢上げ 2020/03/22 | 36日目 日記
土作り 2020/03/29 | 43日目 日記
育苗 2020/04/10 | 55日目 日記
植え付け 2020/04/15 | 60日目 日記
来年の種まきは... 2020/04/25 | 70日目 日記
誘引 2020/05/04 | 79日目 日記
芽かき 2020/05/23 | 98日目 日記
整枝 2020/05/30 | 105日目 日記
【番外編】ほれ... 2020/06/02 | 108日目 日記
ミニトマトもや... 2020/06/20 | 126日目 日記
2020ミニト... 2020/09/19 | 217日目 日記
2020ミニトマト5種の栽培の記録

[ミニトマト]

2020/09/22

コメント(0)

2020ミニトマト5種の栽培の栽培を終了しました。

2020ミニトマト5種の栽培の栽培を終了しました。

2020/06/23

コメント(6)

ミニトマトもやられました。

2週間ほど前から、順調に収穫が始まって、食卓を彩っているトマトですが、先週、今週と2度に渡って、獣害が出ました。 丁度甘くなったころに、下の完熟果房から収穫(食害)するようです。 トウモロコシ畝だけだった電柵を延長して、トマト畝も囲みました。 これでもう大丈夫でしょう。 肝心の収穫物ですが、5種食べ比べると、やはり「ほれまる」の味の濃さが頭一つ出ている感じで、うま味の「ほれまる」に軍配が上がるようです。

image

image

2020/06/02

コメント(4)

2020ミニトマト5種の栽培の整枝

2020ミニトマト5種の整枝、脇芽取り、誘因をしました。 失敗してても、記録を残す!これぞ菜園ナビの極意・・・(笑) 今年のミニトマトは、肥効が残る畝だったらしく、窒素過多で大暴れ!。 最近少し落ち着いては来たものの、葉のよじれ方をみれば、トマト栽培の諸先輩方の目はごまかせません。 そんな訳で、太い茎を一生懸命支柱に誘引して写真を撮りました。 途中から2本仕立てで窒素消費も考えましたが、株間と、風通しが・・・ あ~無念(笑) 私の予想は、次は病気関係では?

image

image

2020/06/02

コメント(2)

【番外編】ほれまるのベランダ栽培2020

同じ種から育てた、ほれまるの苗をベランダで育てている番外編です。 10号鉢型プランターが小さく見える高さまで伸びました。 肥料は植え付け時の基肥(ぼかし肥+PK肥料)に時々液肥をあげるだけです。 一番果が色づいてきました。

image

image

ベランダは乾燥しているせいか、葉にうどん粉病が出始めました。 さあ、どうしようかな・・・

image

2020/05/24

コメント(5)

2020ミニトマト5種の栽培の芽かき

2020ミニトマト5種の栽培の芽かき、誘引、整枝をしました。 品種によって同じ基肥量でも大きく反応が違います。 気をつけていた基肥量ですが、それでも窒素分が残っていたようで、やや暴れ気味です。

image

2020/05/05

コメント(10)

2020ミニトマト5種の誘引

ミニトマト5種の誘引をしました。 苗が早くできすぎて、暴風対策せずに風害・冷害の出たトマト畝ですが、ここ数日の暖かい陽気の性もあって、かなり復活してきました。 アイコなどは第2花房迄花がつき始めています。 下葉は、先が枯れていますが、あまり影響はなさそうです。 麻紐での誘引も、背が高くなっていますので、上部での固定を追加して、脇芽も取りました。

image

image

2020/04/27

コメント(21)

来年の種まきは2月25日にします

バレンタインデーの頃に蒔いたミニトマトの種ですが、今年の暖冬のせいか、順調に育ちすぎてしまい、結局2017年と同様に、4月中旬の早めの定植になりました。 案の定その後、霜こそ降りませんでしたが、最低気温1桁が続き、更に先週は4日間連続8m以上の北風強風が長時間吹きました。 影響必須と思いながら、恐る恐る畑に行きましたが、やはり強風の影響が顕著で、下葉は葉先が枯れて、変色していました。 明日以降5月は、例年以上の暖かさが続くと言う事で、一安心ですが、持ち直すまでのタイムラグがありそうです。 いい加減学習して、来年以降は2月25日ごろに播種、ゴールデンウィークの定植を目指します。

image

image

image

image

2020/04/16

コメント(7)

2020ミニトマト5種の栽培の植え付け

2020ミニトマト5種の栽培の植え付けをしました。 ゴールデンウィークの定植を目標にしていましたが、苗が大きくなり過ぎで前倒しせざるを得ず、昨日振替休日の平日定植となりました。 昨年、通常の露地栽培に比べて、圧倒的に良い結果となった事から、今年も雨除け栽培をすることにしました。 こんなに大きな苗を定植したのは、初めてです。

image

image

image

2020/04/10

コメント(5)

2020ミニトマト5種の栽培の育苗・播種後55日目

2020ミニトマト5種の栽培の育苗55日目です。 ダメです。福岡は育苗環境が良いのか、関東より暖かいのか、とにかく順調にでかくなりすぎ。 来年からは1週間は遅らせて、2月20日~25日の間に蒔く様にスケジュール変更します。 同じようになって、早めに畑に定植したら、寒の戻りで下葉が枯れて、大後悔した2017年の記録があるのに、またやってしまいました。 https://saien-navi.jp/pg/saiennavi/read/3228528 去年大成功だった、雨除け栽培のビニール屋根を定植と同時に掛けてみますが、寒さ除け、霜除けの効果は期待できるのでしょうか・・・ 福岡の来週以降の予報は、気温は平年を下回る予想で、農家に冷害対策の注意喚起が出ています。 週末は雨予報で、あと1週間このまま育苗になりそうです。

image

花芽も出始めました。

image

image

image

2020/03/29

コメント(1)

2020ミニトマト5種の栽培の土作り

2020ミニトマト5種の栽培の為、畑に畝立てしてシルバーマルチを敷きました。 苦土石灰でPH調整した圃場にきくらげ廃菌床の投入後、休ませていた場所に、大粒バーミキュライト、燻炭、バーク堆肥、カニガラぼかし、タキアーゼS、有機ぼかしなどを適量(肥料は少なめ)混和してあります。 苗の植付は4月3週以降を予定しています。

image

image

2020/03/23

コメント(37)

2020ミニトマト5種の栽培の鉢上げ

2020ミニトマト5種(CFプチぷよ・千果・アイコ・ピンキー・ほれまる)の鉢上げをしました。 1週間前3月15日の段階でこんな感じでした。

image

鉢上げ当日の苗は、根がしっかりまわり、根の色も白で丁度良いタイミングです。

image

image

苗はこのように自立します。

image

これからあと約1カ月、このポットの状態で育苗します。

image

image

2020/02/25

コメント(1)

2020ミニトマト5種の栽培の育苗

種まき後8日目の様子です。 やはり、水を絞ることの重要性を感じます。 持ち上げるとかなり軽いセル土ですが、霧吹きで枯れない程度の水やりが徒長防止に効くようです。

image

2020/02/19

コメント(0)

2020ミニトマト5種の栽培の発芽

今年は若干高めの30度弱の地温設定したら、早くも「千果」だけ発芽開始となりました。 昨年は、「ほれまる」と「ピンキー」が早かったのですが、今年は新たに蒔いた「千果」が一番でした。 まだ他の品種が発芽しないので、しばらくこのまま加温を続けますが、「千果」の徒長を抑えるのは中々難しそうです。

image

2020/02/17

コメント(10)

2020ミニトマト5種の栽培の種まき

2020ミニトマト5種の種まきをしました。 発芽器「愛菜花」に6×6のセルトレーを1列切って、6×5にしたものを2枚セットしています。 1日前に、セルにサカタの種まき培土を入れて、じょうろで十分水を掛けて湿らせ、隅々まで水が行き渡った状態の土に楊枝で穴をあけて種を蒔きます。 基本的にはこれと同じことをしています。 https://saien-navi.jp/pg/saiennavi/read/3228528

image