サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

菜園ナビさんの日記

2024/6/7(金)農産物の価値を知ってほしい公開

菜園ナビ
菜園ナビさん  
コメント (15)
2024/6/7
事務局のたけです。

友人からお米が不足しているって本当!?と聞かれました。聞くといつも買っているブランドの米がスーパーになく次回入荷未定と言われたところに米が不足しているというニュースを目にして危機感から相談にきたという感じでした。

家庭菜園で実際に野菜を栽培している人は農産物を栽培する楽しさはもちろんですが難しさも実際に体感して知っていると思います。

お米の話は実はこの価値の問題が密に関わっています。

image



お米を栽培している田んぼからどれほどのお米が収穫できるかというとおよそ1反(300坪)で600キロ(10俵)ほどが収穫されます。
※玄米ですので精米するとおよそ1割ほど少なくなります。
全銘柄の平均買取価格(農水省R4年度のデータより)が60キロで1万4千円ほどですので大体田んぼ1反で14万円ほどの売上高になります。

300坪の面積で農産物を作って売上高(利益ではありません)14万円。

水田の転作でよく耳にするブロッコリーは大体同じ広さで倍の30万円程度になります。
もちろん水田での稲作はかなり機械化が進んでいる為一概に経費が同じとは言えませんが、同じ面積で栽培するのであれば若い人は多少労力がかかっても他の作物を栽培しようと考える人が多くなります。

こういった背景からお米を作っている農業従事者の大半は高齢者となってしまっているのが日本の稲作の現状です。

高齢の農家が離農してしまった時にうまく他のお米を作っている農家が引き継げばいいのですが、農地転用などで飛び地農地になってしまうと、面積が少なければ米ではなく他の農産物を栽培されることが増える為どうしてもさらに国内でのお米の生産量は減ってしまいます。

日本で栽培されているお米を食べ続けていきたいということであれば再生産可能な、若手にとっても数ある農産物のうちお米を作りたいと思えるような買取価格が必要ではないかなと友人からの相談を受けながら感じました。
ゆらさん(長野県)
2024/6/07

お米、作っていますが、機械が高いです。
トラクターが壊れかけているけど、
乗用車よりも高いので、買えないです。

機械のことを考えたら、間違いなく赤字です。

うちのお米は、昨年も普通に収穫できましたが、
産地によって、災害や天候不順で不良のところが
あったからでしょうか?

ちなみに古米をみなさん嫌いますが、
新米はピチピチ感があって美味しく、
ひと冬以上越したお米は、寒さで糖化するのか
旨味があって、こちらも美味しく感じます。
かただんごさん(兵庫県)
2024/6/07

話の本筋ではないですが、平均反収600kgというのは多すぎないかな。あるいは地域的に、たけさんの周囲がそうなのかもしれませんが、500kgもいかない地域も多いのではないでしょうか。

そんなに儲からないのに何故米作を続けるのでしょうか。
農業をしたくないのに農地を持ち続けるのはなぜでしょうか。
本業の片手間でも収穫までいけるのに、それでも不満なのでしょうか。
もし米作が割に合わないにしても、そう仕向けることで利益を得ている人たちがいるのかもしれませんね。

たけさんは買取価格のことを言われてますが、それで将来の展望が開けますか。商品の価値は需給のバランスで決まると教えられましたが、農産物の価値は別なのでしょうか。

もっと根本的なところに問題があるような気がしてならない、農業の位置づけとか農地制度とか農業参入とか。
今回の法改正でも、どうなることやら。
ロンキチさん
2024/6/07

米は今、夫婦二人なら合計2町歩やってトントンかな?
知り合いの専業のコメントですがね。

そして、関東で後何年米作れるかな〜と、考えてるそうです。気候の関係で近い内に北海道が主な産地になるのは時間の問題ですね。

して、色々な生産者に聞きますが(同じ質問です。)
優秀な後継者になり得る従業員が仮にいたら農地を全て譲渡して継続させる?と、聞くと大抵の方が先祖代々の土地がなんたらかんたらと言い始めますね。 

そのうち高価な物になりますよ。農産物は。
星座さん
2024/6/07

せっかく田んぼがあるのでお米を作ってみたいですが、
現実問題難しいです。
農協に相談に行きましたが、
機械類は素人には貸せないと断られ、
耕運、植付け、稲刈の代行を頼むと大赤字。
いつかはと夢を見ますが無理でしょうね。
虚しく大半を年中水を張っているだけです。
端の一部で陸地をつくって趣味の範囲で野菜を作っています。
昨年からせっかく水を入れているのだからと小範囲でクワイに挑戦していますが、一面クワイにしようとは思いません。
せめて耕運機が無いとねぇ、、、。
フォルサさん(岡山県)
2024/6/07

星座さん、私も田んぼはあるけど機械がないです...
高くて買えませんよね、なので無料で委託してます畔の草刈りやってもらうだけでも助かります、20年くらい前は年貢米を貰えてたのに今は何も無い...
一反14万なら年貢米を納めてたら利益圧迫するからね...

田圃の片隅に先代が作った20坪くらいの畑で週末菜園やってます
kaoruさん(岡山県)
2024/6/07

フォルサさんに同じくですね
偶然今日は委託先のおじさんが来て、代かきをされてました
お米は日本人の主食なので、やはり安定供給が必要です
農業の世界も闇は多そうですが、一度荒れると元の田んぼに戻すのが大変と聞きます
自分で稲作出来ないので、やってくれる人がいるだけ有り難いと思っています
あと、田が減ると治水の面でもマイナスかなと思います
大雨の時に、水を溜める能力がかなりありそうです
日本人の食はどこに向かっているのでしょう?
食糧政策、本当に大事です
コロナ禍とロシアウクライナ問題と中国の輸出規制の影響、最近の円安等、家庭菜園でさえ右往左往します
農家さんは補助が出るとはいえ、もっと深刻なのでしょう
ロンキチさん
2024/6/07

メタン排出量は牛のゲップが…と言われますが田んぼからの排出量は(^_^;)なのね。

指摘されると困る作物の一つなのは確か^_^;
ヒロスキーさん(茨城県)
2024/6/07

仕事で田んぼの生産調整を担当しています。

今日の農業新聞の一面に、米価高騰の記事が出ていましたね。
米の需要が増加傾向で、在庫が引き締まるので、今後も高騰が続くとみている農家さんは多いです。
今年は、主食用米の生産面積が増えると予想しています。
反面、飼料用米の生産が減少傾向で、飼料価格も高止まりしていますから、畜産物の高騰があるかもしれませんね。
ヒロスキーさん(茨城県)
2024/6/07

追記
需給バランス的に見れば、まだ米不足とまでは言えないと思います。
確かに、去年の猛暑で生産量は減少していますが、過剰生産分がようやく解消したとみるべきで、本来の需給バランスに近づいたと見た方がいいと思います。
たけさん(福岡県)
2024/6/07

意外と関心が高いんだなぁと感じました、さすがナビラーさんたち。

機械についてコメントがありましたが田んぼをするにはトラクター、田植え機、コンバインが必要になりますがどれも本当に高いです。

田んぼではなく畑であればトラクターだけですんだり、農産物によってはトラクターさえいらないものもありますので機械にかかる投資額をみると労働力はそんなに必要ないかもしれませんが設備投資が個人で完結するにはかなり必要なのが稲作です。

こういった背景からコメでいきていくには最低でも10町いるといわれています。100反ですね。それも地理的に近く、一枚の田んぼの面積がある程度ないと厳しいでしょう。

かただんごさんが指摘されている収穫量についてですが、慣行農法では大体10俵くらい、減農薬や特別栽培などでは8俵くらいとれれば良いとされています。

改めて調べてみると全国平均で農水省のデータによる536キロのようですね。

コメ不足と騒いでいるニュースがありますが、実は昨年猛暑とはいえ作況指数は101ということで(100が平年値)平年並みでしたので現時点では平年並みに収穫されたのにコメが足りてないと感じている事業者ないし個人が多い(もしくはメディアがそうコントロールしようとしている)のでしょう。

さらに数字でいうと・・
農水省の「令和4年産水稲の10a当たり平年収量」についてから引用

image


いかがでしょう。
結構米に関しては供給が追い付いてこない未来が結構近い気がします。

ロンキチさんがかかれてありますが、需給バランスで価格がちゃんとコントロールされれば国産農産物は高価なものになると思います。
いさっちさん(愛知県)
2024/6/08

内のエリアだとここ数年で、小麦に切り替えてる田んぼが増えて来てます。そろそろ収穫期を迎えるはずです。

きぬあかり、でしょうね。愛知県が推奨して少しずつ増えてるみたいですね。

愛知が「うどん県」になっちゃうかもしれませんよ

って既にありますけどね、煮込んでるのが(^_^;)



あと、思ったのが、300坪辺りだとスイカやメロンだと売上で80から90万円、プレミアム果だともう少し上、ブドウだと200万円以上に成りますね。

それなりの資材と労力は必要に成りますが、めっちゃ高価ですね(^_^;)、好きなだけ食べるには作るのが1番かも?
yuituさん
2024/6/08

果物も品種改良を進めないと
生産地もシフトしていきそうな気がします。
国もJAも利益優先でやる気なさそうだし
┐(´д`)┌ヤレヤレ
かただんごさん(兵庫県)
2024/6/08

昭和30年代に旧農業基本法が制定されたとき、先見の明ある農業者は「農村を踏み台にして工業化を進める政策」だと悟ったそうです。

20世紀末の現基本法では、環境面や治水・防災機能など多面的機能が美辞麗句のように言われましたが、その裏で食料自給率の向上とか農村の振興とかの重大方針はどうなったのか。

さて、新基本法はさしたる議論もなく制定されそうですが、農地や従事者や農村の将来について、はたして国民のコンセンサスが得られているのか。むしろ国民に知らしめることなく、農政当局の意向を錦の御旗にしてしまおうかの感さえあります。

半世紀も前から言われているフレーズ、
「農政栄えて、農業滅ぶ」
まご×3じいじさん(埼玉県)
2024/6/08

実家は半農でしたので約50年前に(半強制で)代かき、田植え、籾の天日干し等を経験したことがあります。
約30年前に娘2人を連れ出し田植えを経験させたこと思い出しました。

今は機械化が進み作業負荷は減っているものの、何かしらのチャンスがあり『米作をやるか』と問われたら、辛い経験しかなく『No!』と即答します。

たけさんの投稿で米作のコスパを知り、余りに安いので驚きました。
農家の方々のご苦労に感謝しつつ、今後も大切に頂きます。

小さい頃から親に「お米は残さず大切に食べなさい。」と教育され娘に伝え、今は孫に伝えています。
tokinokinenbi25さん
2024/6/09

何も知らない私は、家でお米が作れていいなぁと思ってましたが、利用する機会かあまりに高価でびっくりしていましたが、更に収入が安いなんて。
絶句してしまいました。
美味しいお米をいただける、本当にありがたい感謝ですね。
記事にコメントするには
ログインが必要です。