サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

菜園ナビさんの日記

2024/2/16(金)雑草管理は農家の仕事なのか?その2公開

菜園ナビ
菜園ナビさん  
コメント (13)
2024/2/16
事務局たけです。先日の雑草管理の続きです
雑草管理は農家の仕事なのか?
日本はそんなに雑草が放置されているのか?!
ということは皆さん意識してないだけでちょっと意識すればあちこち雑草だらけだと感じると思います。

例えば道路。
こちらは福岡空港近くの道路ですが、このように雑草が繁茂しているのはどこでも目にします。

image


それでは海外はどうかというと、外国からの人・貨物など流入が見込まれる空港周りを見てみましょう。
アメリカの国際空港近くの道路はこんな感じ

image


アメリカは日本に比べ雨が少ないから雑草も生えにくいのでは?と思って・・日本よりも雑草が活発そうな熱帯のベトナムの空港はこちら。

image


いかがでしょうか?

海外では特定の雑草はコントロールが必要で海外から自国に入ってこないように水際で対処するべくその近辺はしっかり管理されているのです。

アメリカなどでは100年以上前から法律で雑草を放置するのは反社会的な行為と同義で刑事罰の対象にもなっています。

この考え方は日本を除く世界で当たり前の考え方で自国に有害な雑草が入らないように法律で定められ輸入されるものはチェックされるようになっているのです。
kaoruさん(岡山県)
2024/2/16

日本は雑草天国だったなんて、知りませんでした。
恥ずかしいです。

もし日本も雑草取締るようになったら、私は捕まるかも(゚o゚;;
うちの畑も庭や家周りも、綺麗にするように気をつけようと思いました。教えていただき、ありがとうございます。
フォルサさん(岡山県)
2024/2/16

わかり易い画像ですね、仕事で毎日同じルートを走るけど行政は年1〜3回草刈りしてるような気がします、交通量(国道県道?)によって草刈り回数を決めてるのかな?
酷い道なんか小木が茂ってサイドミラーに当たってますよ(・_・;
最近は蔓植物が茂って歩道が消滅してる所もありますね

kaoruさんの畑で捕まるなら、私の畑だと懲役5年くらいになるとおもいます...
芝も手入れしてないからねぇ
tokinokinenbi25さん
2024/2/17

草に関して、あんまり考えた事ないです。行政が依頼して草刈りを業者が行っている。で自治会や小学校校区内の行事的に清掃くらいなので、草は伸びますね〜‼︎

実は日本て不思議な国に感じておられるインバウンドの方多かったりしてなんて思ってしまいました。
六実のおじさんさん(千葉県)
2024/2/17

雑草は、刈らねばなりません。
私の実家はカーナビに、イノシシ山と表示されます。
それだけ多いということでしょうね。
私自身、毎年草刈り作業していますが既に10頭くらいとご対面。ムジナ、狸、鹿も出てきます。
ある日。
草刈りをしていたら、ガス欠。補充に戻り見上げたら、頂上付近にウリボウ2匹、立ち止まっています。
目と目が合って、藪の中に引き返していきました。
おじさん頑張ります。
うちのご先祖様は、イノシシのために山を残したんじゃない。
ヒロスキーさん(茨城県)
2024/2/17

道路の草刈りは、国道と県道は県が業者に委託しています。年2回くらいですね。
町道は、町が業者に委託するか地元の集落が草刈りするかどちらかです。

道路脇の草刈りは、月に1回はやりたいですけど労力を確保出来ません。

行政や集落でラジコン草刈り機買って、貸し出し出来たら良いなと思います。
ヒロスキーさん(茨城県)
2024/2/17

雑草に対する問題意識が、農家や建設業ばかりが高いこと、少子高齢化に伴う労働力不足、空き家や耕作放棄地の増加も雑草が増えた要因ですね。
あきひさん
2024/2/17

雑草刈ってたら雉が飛び立ち、卵10個残されました。。
六実のおじさんさん(千葉県)
2024/2/17

昨年同様の事があり。
付近刈残しておいたところ、親鳥温めていました。
1週間後、もぬけの殻でした。
親鳥、卵、カラ、抜けた羽、何にもなし。⇒草刈り続行。
ヒロスキーさん(茨城県)
2024/2/17

雑草が生い茂ると、イノシシや動物の住処や通り道になります。
山林と農地の間に雑草地があると、農作物の被害が増えますね。
草を刈って緩衝地帯を設けると、隠れるところがないので被害はかなり減ります。
六実のおじさんさん(千葉県)
2024/2/18

はい。
ウリボウの行動みて、こりぁ頑張らねば。
今に至っております。
はむたろうさん(福岡県)
2024/2/18

チェンジニアの愚痴も入ってますが、
メンテナンスって意外とお金がかかるんですよ( ;∀;)
日本特有の考え方が根強いのも一因でしょうね。
建物や道路は維持管理費が付きまとうのですが、それを別予算で計上しようとするからこうなるのでしょうね。要は後回しにしたツケが、年何回単位の除草で済ませちゃおうとなるのでしょう。公園やテーマパーク並みの維持管理体制が必要なのに、穴が開いていないかとか、通行部分の維持管理に割り当ててしまうのでしょうね。
ゆらさん(長野県)
2024/2/19

わが地域は、田舎なので、それぞれが
自分の家の周りの草刈りはやってる感じです。

刈らない人の空き地は、近所の人が刈ってますね。
うちのダンナさんも、周りの空き地の草刈りを
ずっとやってます。

私は、畑の中の草は、ボーボーにしますが、
畑の周りは、迷惑にならない程度に刈ります。

お隣さんが刈ってくれることもあるので、
ありがたいですね。

幹線道路なども、年に何回かは、
業者さんが、草刈りや倒れてきている木々、
落ち葉などの手入れをやってくださいます。

やらないと、けっこうな割合で、
土砂崩れ、路肩崩れが起きるので、
メンテナンスを兼ねているのかもしれません。

草刈りにいおては、地域差が激しいと
感じますね。

ちなみに、うちの周りは、草刈りをやってあっても、
柵をあちこちに巡らせても、
シカやイノシシは、畑にやってきます(^_^;)

というか、ヤブの中は通らず、草刈りをした
空き地や道路を、堂々と歩いていますね。

人間が反撃しないと知っているみたいです。
記事にコメントするには
ログインが必要です。