サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

ごつさんの日記

最後の料理です(^o^)公開

ごつ
ごつさん(福井県)  
コメント (9)
2022/1/14
小粋やろう(^O^)(カブ)についての2022/01/14の記事
小粋菜を使った最後の料理は、『小粋な(菜)湯豆腐』です。

image


先ずは、今日雪の中からほじくってきたメインの小粋菜です。カブは明日の味噌汁になります。
今回は一番美味しい葉を使います。中でも最も柔らかい中心部分です。

image


昆布を敷いた鍋に小粋菜の軸の部分を先に入れます。すぐに豆腐を豆乳。湯豆腐用の豆腐です。

image


ダシとショウガを入れたカップを鍋にソッと置きます。わが家での湯豆腐のやり方です。つけ汁を鍋の中で温めておきます。
豆腐が温まった頃合いを見計らって、小粋菜の葉を投入。軽くシャブシャブして出来上がり。

image


image


れんげ鉢に取り分けていただきます。
ンま~~い(*^_^*)
小粋菜はシャキシャキ、豆腐は熱々柔らか・・・。幸せ~♪
焼酎の柚子割りが旨い!!柚子はわが家の種なしですよ~ん(^_^)
たけさん(福岡県)
2022/01/15

ほえ~
真ん中にいれておくんですね。
つけ汁を温めるのか。
ぐらぐらしたりしません?
沸騰させなきゃ大丈夫かな
ごつさん(福井県)
2022/01/15

はい、家ではいつもこの方法です。いつまでも温かいツユで食べられますから。
湯豆腐は煮立たせるとダメです。豆腐に"す"がはいりますから。
小さなお玉でツユをレンゲ鉢にとりわけ、豆腐や野菜を付けて食べます。
イケ菜さん
2022/01/15

親近感のわく湯豆腐です〜  (=´∀`)人(´∀`=)ナカマー
我が家もおくちゃまがこの系統で真ん中のつけ汁は醤油+鰹節+昆布の切ったものです。
出汁の効いたつけ汁の残りは翌日にうどん・蕎麦に変換したり煮物に使ったりと結構役立ってます
ごつさん(福井県)
2022/01/16

イケ菜さん、ありがとうございます。
わが家では、鍋に昆布を敷いて火に掛けます。軽く煮立ってきたところで、カップにその昆布ダシを入れ更に創味のツユで味を調え、たっぷりのショウガを入れます。
ショウガを効かせるのが、わが家流です。
kaoruさん(岡山県)
2022/01/16

ゴツさん、
小粋菜湯豆腐、美味しそうです。
鍋に漬け汁を入れて温めるの良いですね。
良いことを聞きました。
真似させてもらいまーす。
種無し柚子ですと!種とトゲが無い柚子希望です(笑)
ごつさん(福井県)
2022/01/16

kaoruさん、ありがとうございます。
トゲなし柚子ってのもあるそうですね。わが家のはツンデレのトゲトゲ・・・(;_;)。
柚子採りの時は、耐熱用の革手袋をして採ります。さすがに麻酔まではしませんが(^^;)。
わが家のは2本が種なしで結構大きめの実がなります。もう1本は種ありで実が小さい。実が小さい方は焼酎漬けとかで、大きい方は、ほとんど食べてしまいます。
近所の方に配るときは、柚子湯にするのはもったないないですよ、食べて下さいと言って渡します。
ごつさん(福井県)
2022/01/18

ツンデレってのは変ですかね?ツンツンはわかるけど、デレデレは・・・。
針の長さは最長7㎝はありますね。さすがに10㎝はありませんけど。厄介なのは剪定した時、剪定枝を踏んづけようなら靴底も通します。それほど硬い。
しかも、なかなか枯れない、というか枯れないのじゃないかな?
皆さん、どうしているのでしょうか?
燃やすしかないでしょうね?
たけさん(福岡県)
2022/01/18

果樹農家の方々は基本的に燃やしていると思います。
柚子のトゲは本当にやっかいで、柚子のトゲでタイヤがパンクするからクローラータイプの機械を作ってくれと産地から要望され機械を開発したことがあります。
試作機をもっていったときに初めて柚子のトゲをみましたが想像以上でしたね、あれは本当結構な怪我しますよね・・・
ごつさん(福井県)
2022/01/18

そうですね。本当に厄介です。わが家には小さい孫がいるので要注意です。
旨いものにはトゲがある。
良薬はトゲに勝る(ウン?意味不明)
毒舌にはトゲがある・・・もう、ムチャクチャ(^^;)

しっかり乾かして燃やすことにします(^o^)
記事にコメントするには
ログインが必要です。