サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

菜園ナビさんの日記

八十八夜のお茶公開

菜園ナビ
菜園ナビさん  
コメント (5)
2021/5/4
昨日は八十八夜について紹介しましたが、八十八夜といえば・・・お茶、ですね。

image


八十八夜の別れ霜というように霜の心配がなくなり、茶摘みが始まる時期でもあります。
そしてこの八十八夜のお茶は末広がりの「八」が重なっていることから病気にならない、長生きするなど縁起物としても知られています。
普段お茶を飲まないという方もこの八十八夜のお茶は取り扱いがあるお店も多いと思いますので淹れてみてはいかがでしょうか?
八十八夜茶はどの茶農家さんでもいい茶葉を用意しているところが多いと思います。
沸かして、冷まして淹れるのは面倒、という方は水出しという方法もありますよ。
ティーバッグなどに入れて一晩冷蔵庫で置くなどが簡単かと思います。
たけさん(福岡県)
7 日前

八十八夜茶といっても商品名がそれ、というところも多いんです。
八十八夜に雨がふったのに八十八夜茶がある(基本的に雨天では茶摘みはしません)・・・というおかしな話も。
私がオススメなのは100%八女茶を生産している「ゆげ製茶」さん。
八女茶の定義は50%以上八女産の茶葉が含まれること。
八女産の定義は最終加工が八女で行われること。
・・・
八女に畑がない茶で作っても八女産になりえるし、他のお茶を混ぜても八女茶になりえるという。
でもこのゆげ製茶さんは八女にしか茶畑を所有していないという証明書(福岡県が発行)を持ち、自前の工場で自分の茶畑でとれた茶葉だけをお茶にしているのでまさに100%八女茶なんです。
そしてここの八十八夜茶は八十八夜に雨が降っていると摘まないので八十八夜茶は本当にその日に摘んだお茶だけが八十八夜茶とされています。
これも自前で工場を持っているからこのようなことができるんですね~
ゆげ製茶
https://www.yamecha-yuge.com/

以上だけでも充分推しの理由になりますが、ここの紅茶は私がプロデュースしたので(笑
紅茶も是非どうぞ☆
日光さん(静岡県)
7 日前

静岡県の西部地方の天竜という所に天竜茶というお茶があります。かなり山奥の傾斜が急な所で育てる茶葉で、山奥にもかかわらず気候も夏は気温は、かなり上がるものの、八十八夜より遅く茶摘みをする茶農家もあります。渋みが強くてほんのりと甘みがあるのが特徴です。茶葉の品種によっても味が変わるし、成育具合や茶農家によっても味が変わるし、お茶の加工の仕方によっても随分変わったりするし、お茶はかなり奥が深いと思います。今年も美味しい新茶を飲むのが楽しみです。

image

たけさん(福岡県)
7 日前

天竜茶、知らなかったです。
寒暖差があるといいお茶がとれるとよく聞きます。
おそらく木にかかるストレスが原因だと思いますがきっとおいしいでしょうね。
オレンジさん
7 日前

お茶大好きですが八十八夜茶というのは
知りませんでした。
この辺はお茶屋さんがないので
生協で探してみます。
鈴鹿峠さん
7 日前

私の住んでいる土山は近江茶の産地でこれから茶刈が始まります。

家の近くにも茶園場が沢山あり、頓宮パイロットという集団茶園場もあります。

image

記事にコメントするには
ログインが必要です。