サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

ペンギンさんの日記

メロン、キュウリなどポット上げ公開

ペンギン
ペンギンさん(兵庫県)  
コメント (15)
2021/4/3
朝から暖かく日中は5月の陽気予報。昨シーズンより一週間遅く種まきしたウリ科の株をポット上げ。

image

ネット系のサンライズとノーネット系のかわい〜なメロンは、初期成長が早い。初めてのネット系ムーンライトメロンはちょっとのんびり。初めてのスイカ栽培するピノガール小玉スイカはもっとのんびり屋。このままリビング育苗を継続。ペットマットヒーターは緑面25度に直置きを継続中。

image

すずなりかぼちゃはでかい。かぼちゃ苗はウリ科では寒さに強いので、屋外育苗に。

image

寒がりのキュウリも順調に成長中。陽が当たる室内の棚で室内冷床管理。
みっくじいさん(広島県)
2021/04/03

ペンギンさん

こんにちは!

いつも拝見してます
ポットの端っこに植えられているのには何か理由があるのでしょうか
(以前に説明があったのならごめんなさい)
ペンギンさん(兵庫県)
2021/04/03

みっくじいさん

ズバリ、徒長隠しです。
斜め深植え状態にポットに入れて、野菜培土をそのまま入れています。

挿木ができるナス科やウリ科やアブラナ科では、良く行っています。
いさっちさん(愛知県)
2021/04/03

ウリ科は深植え御法度と過度に言われてますが、メロンやズッキーニとかも意外と出来るんですよね。 色んな情報がごちゃ混ぜになってて信じすぎてる方が多いからだと思うけど、定植時にはあまり深植えはしない方が良いってのを信じすぎてるんじゃないかと思ってます。
beagleさん(岐阜県)
2021/04/03

ペンギンさん
ナス科にくらぺウリ科はゆっくりペースなんですね。
私も大体同じぐらいか少し遅い感じです。室内でも徒長制御てきるのですね。お上手です。
似た品種ありましたので、写真撮りました。地這い、飛騨かぼちゃ、サンライズです。温床+冷床で、家の中には避難していませんので、ペンギンさんの真逆です。なお、ピノガール、クラリスはまだ種ままで、キューピットは双葉です。

image

みっくじいさん(広島県)
2021/04/03

ペンギンさん

あ~なるほどですね 斜め上で少し浅くなって不定根も出て           まさに一石二鳥ですね 私は徒長苗、縦に深く差し込みました (^_^;初心者初心者)
次回の徒長苗は参考にさせてもらいます
いさっちさん(愛知県)
2021/04/03

本葉1枚目程度で胚軸が5cmも徒長した場合は断根斜め挿しした方がリカバリーとしては良いかも?ですね。

image




育苗が7から10日遅れますが、メロン、スイカでもよっぽど大丈夫ですよ。
ペンギンさん(兵庫県)
2021/04/03

いさっちさん

フォロー、ありがとうございました。
誤解されやすいところですね。
ペンギンさん(兵庫県)
2021/04/03

みっくじいさん

ウリ科の育苗は、あまり得意では無いので、あまり参考にならないと思います。

いさっちさん他、ウリ科菜園ナビラーのコメントや記録を参考にしてください。
ペンギンさん(兵庫県)
2021/04/03

beagleさん

ウリ科の種まき時期は、毎年一週間ずつ遅くしているイメージです。あまり経験が無いので、無理しない種まきを選択しています。

ウリ科の中で、寒がりなキュウリと寒さに強いかぼちゃは経験で分かってきましたが、ズッキーニ、メロン、スイカの寒がり度が分からないです。

いずれにせよ、ウリ科は成長が早いので、室内冷床から屋外温床に移行させる必要があり、そのタイミングがまだ分からず、試行錯誤中です。
beagleさん(岐阜県)
2021/04/03

ペンギンさん
昨年の冷えの経験から、私もウリ科の播種意識的に遅くしました。
ただ、こちら(岐阜)では、ナス科、ウリ科とも、数日前から保温やめました。完全に外です。今は、冷え込みよりも強風が怖いので、気休めにポットに防虫ネットかけてます。
ペンギンさん(兵庫県)
2021/04/03

beagleさん

我が家でも先月29日から、最低気温が10度以上が続いています。確かに十分屋外冷床で育苗可能な温度で、ビニトンは外した方が良いですね。

beagleさんの育苗法では、しまったどっしり苗になると拝見しているので、徒長すると蔓割れ病が気になるウリ科の自根育苗に向いているように思えます。

完全リタイア後は、試験育苗してみたいですね。

また、良く見ている天気予報サイトは、一般的なYahoo天気予報、weather newsに加えて、中期予報に強い気象予報士Kasayanのサイトを見ます。

寒波や台風などの予報時では、いち早くリスク情報を提供されているので、参考になります。
http://blog.livedoor.jp/kasayan77/
みっくじいさん(広島県)
2021/04/04

ペンギンさん
ありがとうございます

徒長苗の斜め植え見たことがなかったので十分参考になりました。断根挿し出来ない時に同じ深植えするなら斜め植えの方が良さそうですね 私の徒長で深植えしたメロン ほじったら胚軸から根が出ていました

image

みっくじいさん(広島県)
2021/04/04

いさっちさん
ありがとうございます

やっぱり断根挿しですか
私の苗、本葉1枚程度となると胚軸が完全に5 cmも徒長していますね。
夏作の播種の時、実生種でしっかり練習してみようかな
beagleさん(岐阜県)
2021/04/04

ペンギンさん
天気予報のサイトありがとうございます。今週、寒の戻りが有りそうですね。一昨年、その寒さで植え付けていたメロン失ったこと思い出します。
日差しの弱い1、2月に温床温度が上がりすぎると、徒長します。やはりそこは同じです。屋内より徒長しずらい程度です。
私が屋外のみで育苗するのは、ポリシーでは無く、屋内へ土を持ち込むことに家人の理解が得られない為でして。皆さんが屋内で育苗されている様子を拝見しますと、羨ましいですね。
ペンギンさん(兵庫県)
2021/04/04

みっくじいさん

胚軸から不定根の発根情報、ありがとうございます。
無菌か有用菌の培土を使うのが、徒長隠しのコツだと思います。

定植先の畑の土を使ってしまうと、定植時の深植えと同じ事になり、有害菌の影響を受けやすくなります。
記事にコメントするには
ログインが必要です。