サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

菜園ナビさんの日記

第3回草の日フォトコンテスト 作品募集中!公開

菜園ナビ
菜園ナビさん  
コメント (3)
2020/7/13
皆さん、こんにちは!

菜園ナビを運営する株式会社オーレックでは現在、9月3日「草の日」を記念して、『草の日フォトコンテスト』を開催中です。

image


募集は3部門!
①わたしの仕事
農業に携わる人を撮影したもの、または農業に携わる人が自分の仕事を撮影したもの

②わたしの好きな、農のある風景
農業に関連する風景を撮影したもの

③わたしの相棒
写真の一部にOREC製品が写っているもの

最優秀賞に選ばれた方には5万円が贈られます!

また、部門賞(各部門1点ずつ)に選ばれた方には3万円が贈呈されます。
その他、佳作として10作品に、オーレックグッズなどをプレゼントさせていただきます。

応募締め切りは9月3日(木)17:00です!

ぜひ、皆さんの好きな風景や、皆さんのお仕事(もちろん家庭菜園も含まれます!)の様子を写真に撮ってご応募ください。応募点数は1人につき各部門1点まで!

●応募方法
以下のリンクより特設ページに移動し、応募フォームより必要事項を入力いただき、ご応募ください。
特設ページはこちら

●昨年のコンテストはこちらから
第2回草の日フォトコンテスト

皆さんのご応募を心よりお待ちしております!
かっぱあたまさん(島根県)
25 日前

倒れそうになるくらいに草はありますね。
農をしてるのか、草刈りしてるのか
判らないくらいに。
それでもしつこいくらいに刈って人が毎日通っていると少しずつ芝地化していくんだなあ。
 そんな芝草の中から咲いた野辺の花に癒されます。今はネジバナかな。
畦の端でのお茶時間、腰を休める時
農のある暮らしに感謝。
ここさんさん(大阪府)
21 日前

かっぱ頭さん、うちは、住宅の中に畑があるのでまだ草はあまり生えないのですが、そのうち…。畑にいると晴れやかで爽やかですね。夢が叶って私も感謝の毎日です。
かっぱあたまさん(島根県)
20 日前

ここさんさん

 初めまして。 田舎では草は目の敵のような扱いですが
私も勤めがあるうちはせっせと刈っては焼いてますが一部堆肥化もしています。
都市部では燃えるゴミで処理なので 大変ですね。

 レイズドベッドというガーデニング手法があります。花壇や菜園を底上げして作業しやすい高さにする方法です。草も土作りには役立つんですよ。
記事にコメントするには
ログインが必要です。