サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

いさっちさんの日記

早くも? ルピアレッド219定植したのだ♬公開 コメントください!

いさっち
いさっちさん(愛知県)  
コメント (18)
2020/3/28
『私もチャレンジャー!』(^^;
・・・・・byいさっち




ルピアレッド219

先ほど定植しましたが

その前に ちょっと気になったことが

先日成形していたブドウ棚下の高畝(畝天H25cm)ですが、昨日の雨でどこまで濡れるのか?どこまで地下水が上がって来るのか?偶然にも見極められました。

image



畝天幅60cmの部分は全く濡れてないし、

image



15cm程度掘っても 地下水は全く吸い上げて無いので雨の影響での水の管理が狂う事は殆ど無いと判断出来ます。

これが確認出来たら もう 苗が待てない大きさにまで育って来てるので 植え付け開始します。


シルバーマルチ→ワラサラバー→トンネルフレーム設置→トンネルビニール仮止め→定植

image




先行組で 大苗化してるのは 『エリシオ』『アールスブラボー』『ルピアレッド219』の3種

エリシオとアールスブラボーは台木断根片葉接ぎ、ルピアレッドは自根断根挿しです。(この判断は 蔓割れ抵抗性レースと徒長具合とかで決めてます。ルピアレッド219はクラリスと同じくレース0.1.2の耐病性処理がしてある数少ない品種です。この2種は徒長してなければ自根を断根する必要も無いと思います。今回は徒長気味だったので断根挿ししました。)

気温的には若干早いので 耐寒性重視でルピアレッド219を定植します。

昨年 ナビさんからいただいた『オールスター』を入れてから注水

image



苗を植え付けてから また散水してトンネルを張って完成です。

image




image




image




取り合えず 今回は ズッキーニ2種 7株、ルピアレッド219を4株定植しました。

明日、時間があったら もう3畝成形してスイカも含めて定植開始するかもしれません。




★苗データ:
☆ルピアレッド219(蔓枯れレース0.1.2抵抗性、もし蔓割れ病や連作による障害が発生する様ならクラリスもルピアレッド219でも接木苗にして対応します。)
2/9種蒔き 徒長気味だった為、2/21断根挿し
1回目の鉢上げ 2月末
2回目の鉢上げ 3月20日
定植日:3月28日 
★定植ベストのタイミング
種蒔き後40日程度と判断(断根挿しの場合。 自根の場合35日程度 鉢上げ1回、本葉3.5~4枚の時)

ルピアレッド系 基本的に北の地方での栽培向き品種。
定植から40日以降の受粉、この地方の場合、地這え栽培で子蔓2本延ばしの場合、各1果計2果まで、耐暑性弱めなので要注意。と思っている。
チックさん
2020/03/28

こんにちは。
メロンついに植付けですね。
広い場所でのびのび育ってほしいですね。
5月下旬には収穫ということになるのでしょうか、楽しみですね。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/28

チックさん こんにちは

ここから定植だと5月初旬に受粉作業なので収穫は6月末頃ですね。ルピアレッド系は憧れなんですけど まだ糖度が出てないので今年はしっかり根も作って欲張らずに2果獲りで収穫まで逃げ切りたいです。この畝だと遊び蔓1mは長さが足りずトンネルの外に出して立体となるのでその対策も含めてチャレンジだったりします。(昨年は長手方向に蔓を出して雨でやられましたから 今年は畝の端っこの丸い方の中央部に近い方から出します。)
チックさん
2020/03/28

収穫は6月なんですね。
梅雨前に収穫できるのかと思いました。
梅雨時のお天気が気になりますね。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/28

そうなんですよ。

毎年、梅雨中までは元気なので6月末に収穫までラスト1週間以内になる様にしたいですね。梅雨明けから1週間もしたら 全国トップクラスの酷暑が襲って来ますのでその前に逃げ切りたいです。(と思って一昨年は合わせてましたが空梅雨でダメだった経験もあり、今年も再チャレンジで合わせに行こうと思ってます。)と一昨年までは ダメだった理由のメインは天候のせいだと思ってたのですが、昨年の失敗で そうじゃなくって苗作りと栽培の方法やタイミングが悪かった事に気が付きました。 ①育苗 ②着果タイミングと根張り不足 ③着果数4果で着け過ぎ ④害虫への対処 が悪くて結局2週間前に蔓が耐えきれずにバッタンしました。(自分も含めて出来なかったのを天候のせいにしたがるんだけど、根本的な問題の可能性のが圧倒的に高いのはある程度経験積んで栽培中の実を観たら分かっちゃいますよね。問題を認めてからが本当のチャレンジですね)  
この辺りの問題を克服出来たら7月中旬でも逃げ切れそうな気がしますが、天候の要因も2割位はあるかなぁ?と 感じてるのでその前に逃げ切れる様に収穫したいですね。
チックさん
2020/03/28

天候の影響は少なからずありますよね。
酷暑前に逃げ切り出来たら最高ですね。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/28

チックさん

言い訳にはしたくなくても 天候の影響はどうしてもあるので、それに耐えられる苗作りと管理をして影響を少なくして 着け過ぎない様、欲張らず、成長点を確保しつつ整枝し過ぎない事ですね。

特にネットメロンは 『着果が早過ぎる』『着け過ぎる』『手を入れ過ぎる』の3大過ぎる は収穫まで逃げ切れなくなり致命傷ですね(^^;

逆に『過ぎない』も糖度がのりにくくなるので理解しておかないと ですね。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/28

ガオガオさん こんにちは

農作業で唯一大嫌いな作業が草抜きですので 出来るだけ草が生えない様にしてます。 それでも生えますけど(^^;

この畝はブドウ棚の下の畝でして天幅が60cmまでが限界ですので中(小)型トンネルですね。
これ以上は大きく出来ないです。やったらブドウの作業の邪魔になりますので ブドウ棚と平行に長さ3m程度しかないですので 2株だと真ん中から両側に伸ばして行くと16~17節でトンネルの両側から1m程度飛び出します。 なので15節ままでに着果させたらトンネルの外に出して成長点としての遊び蔓含めて上に伸ばして行きます。 それでもブドウ棚に届いた頃に収穫となる予定なので大丈夫だと思います。
後半放任気味に栽培した方が糖度がのって逃げ切りやすい品種なら全長3.5mほど使いますので雨に当てずにどう収めるか?ですね
いさっちさん(愛知県)
2020/03/28

ガオガオさん 草抜きは大っ嫌いですね

摘果は5~6日で判断してますね。
ネットメロンは定植後30日位で10~11節 35日で12~13節程度 その後は2日で1節程度伸びますね。 一番良い実が出来る可能性が高いのは 12~16節位なんですけど 内のエリアだと40日粘って根っこを十分育ててから着けたいので15~17節に受粉したいです。 2本延ばしの各1果獲りで良いので気持ち的には粘った方が楽ですね。

子蔓は着果負担次第で伸び方も変わって来るので 早めに見極めて後半は緩めの整枝栽培に切り替えればクラリスとかなら逃げ切れる可能性が高くなり甘いのが出来ると思ってます。
(蔓って着果してから肥大期までは元の方の役割が重要で肥大期以降は着果節から先の成長点の方がポンプの役割が増える感じなので滞りなく伸びる様に管理するのも重要なんですよね)
ブドウやスイカの葉っぱの枚数が必要なのと理論上は同じですね)
いさっちさん(愛知県)
2020/03/29

ガオガオさん、変形果の兆候は蕾の段階からある程度分かりますから鶏卵位に成れば殆ど決まりますね。
太い蕾は結実したら横に拡がり易く細過ぎる蕾は縦長になりますね。
品種によりやや縦長の 楕円形が良いとかありますから鶏卵位になってきたら判断出来るとおもいますよ。

後は接続部分の角度だったりで肥大中に多少変形しやすい品種もありますけど、ソフトボール大迄待ったらちょっと遅いですね。私も忙しかったりして数日遅れると直ぐそれくらいに成ってしまうので気をつけます。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/29

あ、5~6日って 早いやつならそれくらいで鶏卵サイズ位になりますから って意味です。品種によって多少変わると思いますけど、判断の目安は大体鶏卵サイズの時点でしてます。

メロンは結実してたら 大抵は2日もしたら肥大し始めますから 鶏卵サイズ位の印象が大事ですね。何回も取り遅れたりしましたが、ソフトボール大までいくとヒビが入り始める迄時間が無いのでエネルギーを無駄にしてますね。

少し縦長が良いとされる品種が多いので、やや縦長の実を残す様にしてます。

鶏卵サイズ時点で丸に近いと大抵は肥大化したらどっしりした感じで潰れた様な実になりますね。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/29

ガオガオさん おはようございます。

テニスボール位なら 遅くは無いタイミングだと思いますけど

ただ 良い実が出来る可能性が高い節全てに着果したら 2蔓で13~16まで着けても1株8個着けて判断するとなると 16節目の物がテニスボールサイズになる頃には13節の物はソフトボールサイズになっちゃいますよね。 それでも2蔓各2果獲り計4果獲りの場合は 出来るだけ連続した2果を残した方が良いと言われてるので判断が難しいかもしれませんが、負荷と使われたエネルギーは大きすぎると思います。

内の様に2蔓各1果獲りの場合は15~17節と決めてしまえば蕾’(開花)の段階である程度肥大化した状態が想像出来て、結実して鶏卵位の大きさになるまでで形状や表面の状態や艶、そこまでスムーズに肥大したのか?とか分かる様になりますね。(プロ農家の方でも 先に決めた節:例15~17節以外の子蔓は1枚整枝を先行させてから受粉させてる方も居ますから)

それでもちょっと判断が難しいな と思った時にはテニスボール大でも良いので 着果数を絞れば良いと思います。

受粉時点では蔓は十分元気なはずなので 現状で逃げ切れて収穫出来てるなら変える必要はないのかもしれませんけど、逃げ切れてないなら管理でコツコツと無駄をなくしていく事も必要な気がします。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/29

どうやら 上手く栽培するには クラリスが結構教科書的な品種だと思います。

前半受粉させるまではしっかり整枝栽培して 受粉以降 後半手抜き気味(やや放任気味)に緩めてやると成長点が多数残せて良いですね。 と言っても私の場合は20節位までは整枝はきっちりしたいです。(子蔓をまっ直ぐ伸ばせば、何日でどれくらい伸びるか?とか分かる様になるし どこに置くのか?まで分かる様になるので畝の形状やトンネルの位置関係も分かる様になりますね。)

これって ころたんでも同じで 最初に手を抜くと着きすぎて分からなくなり大きさも足りないですね。
最初の1果で受粉した日が分かってると、他のは札をつけ忘れたとしても節でいつ結実したのかが分かります。メロンは受粉作業してから札を着けるので殆ど付け忘れないですが、スイカの場合は自然受粉も有って札を着けそこなう事も多いので1番花が何時咲いたのかが分かれば2番花以降は分かりますね。
登熟日数(積算温度)と姿・朝の打音と総合的に判断してから収穫します) 
ころたんが蔓伸びではトップクラスの品種なので ころたんのスピードで鍛えると 他のネットメロンなら楽に整枝出来る様になりますよ。 

(最初から緩く栽培すると 数を着けても逃げ切れる品種もありますが、実の大きさが揃わず、糖度もバラバラで低めだし 達成感も無いし成果も安定しないし原因も分かりにくいので面白くないです。)
いさっちさん(愛知県)
2020/03/29

ころたんみたいにスピードが早い物は3日 遅い品種は6日位サボっても何とかなりますよ。

サボってしまい 伸び過ぎてしまった場合は完全整枝(本葉1枚にはせずに2~3枚で蔓に与えるショックを和らげてあげれば大丈夫ですよ) 基本的にスイカも同じ管理でやってると品質が揃って来たのが分かります。 昨年 師匠の畑に供給してスイカ栽培の指導をしたら そちらも大きさと品質が揃ってましたのでスイカとメロンの栽培技術や管理はお互いに応用出来ると思います。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/30

ガオガオさん おはようございます。

発芽管理はスイカ基準で 育苗はメロン基準で 定植後はメロンよりの栽培方法が良いですね。

メロンは やり過ぎ、やらな過ぎ に気をつけないと最終的には実に現れますから途中のプロセスで何をして どれが良かったのか?悪かったのか?の判断が難しいですよね。 覚えておくより記録した方が良いですね。(その方が 原因が後から理解出来ます。私の場合は 失敗の原因はやり過ぎの方でした。)
いさっちさん(愛知県)
2020/03/30

ガオガオさん 

やり過ぎより 若干 やらない程度の方が収穫まで逃げ切れる可能性が高いのは検証出来てますが、 ただ 玉の大きさを揃えたり、糖度を上げようと思うと 適度に手を加えないといけないんですよ。 その適度の判断がまだまだ難しいんですよね。 スイカは師匠の畑にも供給出来て 基本に忠実な栽培方法とちょっと変えた方法が試せたので検証出来ました。


今年も少しずつ改善(進化?)目指して工夫していこうと思います。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/30

あ・・・プロの方は先々の事まで理論を分かりやすく説明してくれませんからね。

『これは こうしとくもんだ!』って言われて素直に聞ける人はそうは居ないですもんね。

職人の世界も同じで 『これは こういう風にするとこうなるので こうした方が施工しやすいよ』って聞き手側が理論的に理解出来る様に説明してくれると良いんですが・・・

私も ブドウ栽培の事とか 毎年 少しずつ 思ってた事をプロの方に聞いてみますが、分かりにくいですね。

なので 予習で自分なりに解釈しつつ聞いてから 理解するようにしています。
いさっちさん(愛知県)
2020/03/30

まぁ 言われた事を素直にやらずに失敗でもしようもんなら・・・・

『せっかく教えたのにちゃんとやらないから失敗したんだわ』とか言われたら・・・・

何だか怖いですね(・_・;)
記事にコメントするには
ログインが必要です。