サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

くらけんさんの日記

無精髭ミニトマトその後。なんじゃこりゃT_T公開 教えてください!

くらけん
くらけんさん  
コメント (5)
2019/7/10
7/2に投稿した、ミニトマトの異常。その後、良からぬ展開へ。
葉が元気がなく感じ、地際の茎を見ると、おいおい、茎がカビで覆われているではないか。
これは確実に病気と判断。
本日、ムーンライトに続き、病気による撤去を敢行。

image


拡大すると、なんか気持ちの悪い白いつぶつぶが繋がった物も。
突いてみたが動かず、固そう。
さすがに触るのは辞めて写メ。

image



残渣は、撤去しましたが、どなたか、このミニトマトの病気とあの白いつぶつぶは何かご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?

このトマトの地際には、
ハタケチャダイゴケ(今回初めて知ったキノコ)が繁殖してたので、土壌コンディションはあまり良くないようです。

image

北プラさん(北海道)
131 日前

くらけんさん。心配ですね。

なんか虫らしきものも見えるのですが。
菌核病を疑っているのかな?
網状もあるし、胞子芽だとするとさもありなんかな。
焼却かなぁ。残渣はあまり持ち歩かない方がいいかも。

そうだとすると、水に弱いので
畦板等をつかって、しばらく田んぼ状態にするといいとか。(ばっちゃの知恵。

ハタケチャダイゴケ自体は、これは検索結果ですが、
あまり害はないようです。
はずれていることを祈ります。
Fuego(フェーゴ)さん(愛知県)
131 日前

所見では菌核病の疑いあり

株を抜き上げたら、菌を散らさないように根の土を払わずに株毎袋に詰め、使った手袋も一緒に焼却処分し、スコップなどの道具は消毒しておきます。

発生原因と症状
茎の表面に灰白色綿状またはクモの巣状のかびを生じてきます。病斑部は後に乾燥してくると灰色に変色してきます。病斑部の茎を縦に切断すると、内部には白色のかびに覆われた黒色のネズミ糞状の菌核を形成しています。

発生原因は多湿条件下によるカビ菌の繁殖で、茎の外部にも菌核を形成していきます。

仮に菌核病ではないにしても、茎が腐敗しているので早急に処分されたほうが良いと思います。
くらけんさん
130 日前

北プラさん
コメントありがとうございます。
菌核病。初めての経験です。
確かにハウス内は高温多湿でこのところの梅雨のジメジメで、一気に病気になってしまったのでしょう。
以前の無精髭状態が、過敏に発症する要因になったのかもしれません。
現物は、雨なので焼却とはいきませんが、離れた残渣置き場に放棄いたしました。
次週、タキイさんに行きますので、見解を伺えたらと思います。
ありがとうございました。
くらけんさん
130 日前

フェーゴさん。
コメントありがとうございます。
どこまで、対処できたか不安ですが、周りのトマトにうつらないように、注意深く監視いたします。
菜園仲間にも今回の生育を褒めてもらえてただけに、残念ですが、株間を広めにとっていた事もあり、全滅は避けれたので、残りのミニを横に伸ばして収量キープを狙います。
ありがとうございました。
Fuego(フェーゴ)さん(愛知県)
130 日前

くらけんさん(兵庫県)

固定種なら10~15cm程の新芽(側枝)を摘み取って
土に挿せば株を増やすことができるんですけどね
記事にコメントするには
ログインが必要です。