サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

いけとも農園さんの日記

ほれまるの様子公開

いけとも農園
いけとも農園さん(宮崎県)  
コメント (18)
2019/1/16

image



冬春ミニトマト促成ハウス栽培で少量だけですが、まだ販売されていない品種を去年の8月に定植しました。
その新品種ミニトマト=ほれまるが2019年春に販売予定だそうです。
新品種のため、ほれまる本来の樹姿がだせているかわかりませんが今のところ糖度も上がってきており良好です‼️

今年は自根栽培なので接木栽培でも試してみたいですね
#ほれまる #いけとも農園 #冬春ミニトマト促成ハウス栽培 #宮崎県 #門川町 #自根 #渡辺農事

image


image


image


image


image


image


image


image

おとんとんさん(兵庫県)
2019/01/16

確か、「収穫量が少ない」とのことでしたが、たくさん収穫できるといいですね。
Naoさん
2019/01/16

素晴らしいですね。

やはりプロのお仕事ですね。

頑張ってください。
カントリー親父さん
2019/01/17

プロの力量をまざまざと拝見しました!

さすがです<(_ _)>
ダンブルドアさん(奈良県)
2019/01/18

栽培過程全て拝見させて頂きました

今年のトマト栽培の参考にします
ポコさん(千葉県)
2019/01/18

黒マルチではないんですね。

除草シート+白マルチなんですか?
いけとも農園さん(宮崎県)
2019/01/20

白黒マルチです。裏側は黒です。着色促進にもなります。それと、地温も下がりますよ。調査(データ)の結果です。
おとんとんさん(兵庫県)
2019/01/20

私の去年のトマトは夏バテして、涼しくなったらまた収穫が再開したので、地温が上がらない工夫が必要なんですね。
ダンブルドアさん(奈良県)
2019/01/21

おはようございます

写真を見ると10月まではマルチはないですか11月以降は白マルチになっています

暑い時期に白マルチなら地温を下げる必要はあると思うのですが、11月なら反対に地温を上げるために黒マルチの方がいいように思います

なぜ11月から白マルチをされているのですか
ダンブルドアさん(奈良県)
2019/01/21

ハウス内は加温されているので地温確保より着色を促進した方がいいということでしょうか

無加温ハウスだと11月ぐらいになると着色するのにかなり時間がかかるのですが白黒マルチをすれば着色促進されると考えればいいのですか

質問ばかりで申し訳ありません
いけとも農園さん(宮崎県)
2019/01/21

私達も定植は8月に行います。ハウスなので露地より暑いです。今年はマルチ無しと白黒マルチ有りの地温調査をしてもらいました。その結果、タイベックシートが1番地温が下がり、次に白黒マルチでした。マルチ無しは表面がかなり上がるという結果だったので白黒マルチをした方がいいですね。反射して害虫予防にもなります。
いけとも農園さん(宮崎県)
2019/01/21

私達は8月中旬に定植します。 ハウスなのでかなり地温が上がります。 今年はマルチ無しと、条間だけタイベックシート、白黒マルチ有りの地温調査をしてもらいました。 その結果、タイベックシートが1番下がり2番に白黒マルチでした。 マルチ無しは表面温度がかなり上がったので、最初から条間だけ張っていた方がいいという結果になりました。 黒マルチだと熱がこもりすぎますね。 後、白黒マルチだと反射して害虫コナジラミの飛行が難しくなり活動が鈍くなります。
いけとも農園さん(宮崎県)
2019/01/21

11月からマルチをするのは、地温が下がってくる時期だからですが、私達が1番に考えるのはマルチを張るまでにどれだけ根を張らせるかに力を入れています。 寒くなると根の動きが悪くなるので張らせておかないと、後で樹の萎れや裂果・軟化の原因になります。 地温が下がるからといって、最初から畝全体にマルチを張ってしまうと水滴がつき、土壌表面が湿り上根になったり、点滴チューブに根が入り詰まる原因にもなります。 マルチを張るまでにどれだけ根を張らせるかで、その年の収量が決まるとも言われているぐらいです。 なので、1番愛情を入れています(笑) トマトが赤く熟れるのは積算温度なので、無加温であれば白黒マルチで反射させて少しでも実の温度を上げてやった方がいいですね。 完熟マンゴーと一緒ですかね。反射させて色むらをなくす方法!
ダンブルドアさん(奈良県)
2019/01/22

いけもと農園さん

おはようございます

詳しいご説明ありがとうございます

例年は春に植えつけた苗で年末まで収獲したり挿し芽した苗を栽培していましたが秋に満足行く収穫ができていませんでした。

そこで過去に7月播種8月植え付けが最も秋の収穫量が多かったので今年は本格的に抑制栽培しようと考えていたところいけもと農園さんの日記を見かけたので質問をさせていただきました。

参考に栽培させていただきます
ポコさん(千葉県)
2019/01/22

いけもと農園さん

おはようございます。

ほれまる栽培に対する詳細なご説明ありがとうございます。

冬季の栽培は小生にとって無理ですが、野菜栽培に対するこだわりには負けない気持ちで毎日畑に行っております。

>マルチを張るまでにどれだけ根を張らせるかで、その年の収量が決まるとも言われているぐらいです。

この考え方を参考に今年のトマト栽培を行いたいと思います。
いけとも農園さん(宮崎県)
2019/01/22

皆さん勉強熱心なのでビックリします。菜園ナビは投稿が少ないので、いけとも農園のFacebookを参考にしてもらえるといいかもしれません!ホームページも作成していますよ。連絡先も表示しているので分からない事があれば気軽に連絡されてもかまいません。私でよければ教えますよ。宜しくお願いいたしますm(__)m
ダンブルドアさん(奈良県)
2019/01/22

ありがとうございます

Facebook、ホームページ拝見しました
参考にさせていただきます。

質問させていただくこともあるかも知れませんがその節はよろしくお願いいたします
ポコさん(千葉県)
2019/01/22

今畑から戻ってきました。

寒起こしをしながらチョット疑問が発生しましたので教えていただければ幸いです。

これから、夏野菜を育てる際にも根を十分に這わせることができれば沢山収穫できると思います。

その際に定植時からマルチを設置した方が良いのか。或いは定植後しばらく経過した後にマルチを設置した方が良いのか。それとも、マルチの設置は必要なしと考えるのか。

野菜の種類・栽培場所によりかなり変わると思いますが、トマト栽培で貴農園が実施している方法を教えていただければ幸いです。

お忙しいところ申し訳りませんがよろしくお願いいたします。
ゴンちゃんさん(千葉県)
2019/01/22

「ほれまる」はミニトマトにしては大きい実がなりますが、樹勢の維持が難しく、最初だけ大きくだんだん小さくなっています。
今年は何とか樹勢を維持していきたいと思っています。
HP等を拝見させていただきながら参考にさせていただきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
記事にコメントするには
ログインが必要です。