サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

菜園ナビさんの日記

植えどき野菜紹介『ミズナ』公開

菜園ナビ
菜園ナビさん  
コメント (5)
2017/10/20
みなさん、おはようございます!

近頃は朝晩の冷え込みはもちろんのこと、日中も冷たい風が吹くようになってきました。北海道ではすでに雪が降っているようですね。
この時期になると「ああ、毎年こうやって季節は移り変わっていたなあ」と思い出させてくれます。

こう寒くなってくると恋しくなるのが、こたつですね!
包み込むような暖かさは体の芯からじんわりと癒してくれるようです。

そしてこたつから連想する食べ物といえば??

みかん?
……ノンノン、こたつを囲んで突っつくものといえば、やっぱり「鍋料理」ですよね!

鍋に入れる具材はいろいろありますが、なかでもシャキシャキとした食感が特徴のミズナは鍋料理には欠かせないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

image

大阪などでは名物のハリハリ鍋に欠かせない具材として古くから親しまれているそうです。

近頃はシャキシャキとしたみずみずしい食感をそのまま楽しむため、サラダの材料としても活躍していますね!

栽培のコツとしては、極端な乾燥に弱いため、まめに水やりをしてあげるといいそうですよ!

みなさんも、オールマイティに活躍するミズナを育てて、美味しい鍋料理やサラダを楽しまれてみてはいかがでしょうか?

⇒ミズナの栽培教本

image

かただんごさん(兵庫県)
581 日前

最初に伸びてきた葉や茎は、丈夫でしっかりしているので株元から刈り取って鍋の具材にします。
刈り取り後に出てくる2番目の葉は、繊細で柔らかいのでサラダに使います。
何株か植えておいて順番に繰り返せば、春先まで楽しめます。
他にもホウレンソウとかコマツナとかリーフレタスとか、萌芽力のある葉菜は、抜き取らずに収穫を続けるのがキモですね。
はむたろうさん(福岡県)
580 日前

青梗菜も、大きくなった外葉を白菜代わりに、鍋の具材にするのもいいかもで~す。でも大量に獲れないから一人鍋かな(^-^;
やかんさん
579 日前

刈り取るという手があったのですね。引っこ抜いてましたf(^_^;。水菜の調子がいいので、かただんごさんのまねっこしますm(_ _)m。
もんさん(石川県)
579 日前

春先のつぼみも美味しいですね。
ちょっとピリッとして、やっぱりからし菜と同じなんだなと思います。

個人的にはベーコンと炒めて塩コショウが好きです。
量が減って大量消費にうってつけです。
ねこばす・オケイさん(石川県)
579 日前

画像の水菜、ウチと同じようなカゴに入ってるなぁ~と思いきや…
ハハハ。私の水菜だった(笑)

冬野菜に水菜は欠かせませんね。
私は大根の千切りに細切りのハムと水菜を入れて、塩コショウとマヨネーズでサラダにします。
大量に食べられますよ。

私も水菜を刈り取れるとは知りませんでした。
今回からやってみます。
記事にコメントするには
ログインが必要です。