サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

天花粉さんの作物

天花粉

天花粉さん

名前:室内LED水耕栽培の記録
品目:チマサンチュ
品種:おもに葉物
場所:その他
メモ
状態502日目
[作業スケジュール]
スタート 2017/06/07 | 1日目
室内LED水耕... 2017/06/21 | 15日目 日記
室内LED水耕... 2017/06/29 | 23日目 日記
室内LED水耕... 2017/07/06 | 30日目 日記
水耕生活8月分 2017/08/23 | 78日目 日記
室内LED水耕... 2017/10/27 | 143日目 日記
フィレンツェ発... 2017/11/06 | 153日目 日記
会社でも水耕栽... 2017/11/14 | 161日目 日記
フィレンツェ(... 2017/11/22 | 169日目 日記
水耕栽培(自宅... 2017/11/29 | 176日目 日記
DUSKIN水... 2017/12/28 | 205日目 日記
水耕春菊(室内... 2018/01/10 | 218日目 日記
水耕発芽にトラ... 2018/02/01 | 240日目 日記
鮎河菜も水耕で 2018/02/26 | 265日目 日記
水耕レタス... 2018/03/05 | 272日目 日記
水耕リセット 2018/03/09 | 276日目 日記
リボベジのリボ... 2018/04/05 | 303日目 日記
水耕リセット 2018/05/30 | 358日目 日記
水耕リセット 2018/09/09 | 460日目 日記
室内LED水耕栽培の記録の記録

[チマサンチュ]

2018/09/10

水耕リセット

ワインドレス終了後放置してて、ようやく手が空いてリセット。 グリーンリーフレタス14粒。 ミニチンゲンサイ8粒。

2018/05/30

水耕リセット

5月4日にリセットした水耕栽培がこんなになっちゃいました

image

この時期は育ちが早いわー。 5月4日に種を蒔く前に、移植したレタスたち。 現在の様子はこちら。

image

毎日のようにむしられて、伸びて。。。 この子達は撤収です。

image

水耕栽培器から出したこの子達。

image

根もしっかり揃ってるので、収穫用の室内LED水耕栽培器にセットして、次のが育つまでまた毎日収穫し続けます。 育苗用と収穫用、2つの室内LED水耕栽培器をつかうことで、途切れることなくお弁当用レタスが供給されます。 今回は、グリーンリーフレタス10粒、ロメインレタス6粒、パクチー3粒を蒔いてみました。 パクチー。うん。好きでも嫌いでもない。育ったら食べてみようかなと思って。好きになるかもしれないので。笑

2018/04/05

リボベジのリボベジ

3月5日に2度目のリボベジとして植え付けたレタス↓

image

1ヶ月ちょっとでこうなりました。

image

気温が高くなったので中心がすくっと伸びてトウ立ちサイン。 なので本日収穫撤収しまーす。 お疲れ様でした〜

2018/03/09

水耕リセット

2ヶ月経過したので更新。

image

収穫し続けたレタスがこんな感じなので、こいつらはお外水耕に移動。

image

LED水耕はこんな感じ。 緑濃い。硬そう。 スリット入の鉢にボラ土を詰めレタスを移植。

image

あんまり丁寧には扱わない。 成長に影響ないもん。

image

トレーに並べておしまい。 来週から大猫さん(同居人)のおべんとうに入ります。 LED水耕は今夜か明日かセットしまーす。

2018/03/05

水耕レタス リボベジのリボベジ

image

スーパーで購入した水耕レタスの芯のところだけを水耕栽培器に入れておいたら、見事完全復活。 久しぶりに寄ったリサイクルショップで、ちょっとレトロなガラス鉢が気に入って購入。直径20cmぐらいで100円。 それにボラ土を入れて、液肥を入れて、リボベジのリボベジ。 根と芯を残して、植え込みました。 暖かくなったので1ヶ月ぐらいでまたもとの大きさに育ってくれると思います。

image

2018/02/26

鮎河菜も水耕で

image

真ん中は、スーパーで購入した水耕栽培のレタスの芯のとこを突っ込んどいたところ。 無事、復活増殖。 ヒラヒラしてるのはいつものリーフレタスで、アブラナ科が鮎河菜。 いたずらに蒔いてみたのを忘れてて、あれ?なんだっけ?青梗菜?とか思ってました。 毎日の収穫の記録をたどったら書いてたわ (^_^;) リーフレタス、蒔いてから5週間経ってる。 とっくに収穫できる時期なのにやっぱり冬は遅いね〜 倍ぐらい日数かかるね。 外で苗を作って入れるようにしたほうがいいね。 まだまだ前回植え替えたリーフレタスが最盛期だから育つの遅くても困らないんだけど。 完全に育苗キットとしか使われないこの機械の存在意義って。。。 温度管理がついてたら最高なんだけど、投資額が半端ないからそれは無理。 しかし、この中心のレタス、いつ食べようかな。ゆっくり育ってるから硬そう。 スープかチャーハンか。それが問題。

2018/02/01

水耕発芽にトライ

鮎河菜 5粒 佐土原茄子2粒 自家フラガール2粒 水耕で発芽させて育ててみる実験。 水耕生活にセット。

2018/01/10

水耕春菊(室内LED水耕加温)

image

たいした量じゃないんけど、肉豆腐なんか作ったときに添えるには十分。

2017/12/28

DUSKIN水耕生活

image

11月末にリセットして、1ヶ月。 リーフレタスとミニチンゲン菜の混植。 本来の仕組みだと、ここで全部収穫して、また新しくスタートってことになってますが、まだまだ大きくなれるので待ちます。 チンゲン菜を年越しの鍋にいれると、隙間ができて、リーフレタスがのびのび育つ目論見です。 リーフレタスは3ヶ月前に蒔いたやつで今も収穫できてるのが5株あって、我が家の分は十分賄えてます。 想像以上に優秀な機械でした。 あと半年払えば私のものだーーー。 がんばってもとをとるぞ!

2017/11/29

水耕栽培(自宅縁側)

image

DUSKIN水耕生活にて2ヶ月ほど育てたリーフレタスを、縁側へ移植。 見切り品だったサンチュ苗、1本30円を 2株。 あと屋外植え木鉢に2本のサンチュ。 生育の遅いこの時期でも、お弁当の葉っぱぐらいは楽に収穫できます。 レタス買ってきて冷蔵庫から取り出すのと 大差ない。笑 縁側で葉っぱを摘むだけ。 いつでも新鮮で、在庫切れしなくて。 冬菜は、お弁当に添えるインスタント味噌汁用に、3センチぐらいにちぎってラップに包んで持たせます。 ポットのお湯で充分火が通る。(*^-^) フィレンツェんは3枚目の本葉が出始めました。(゜ロ゜;ノ)ノ

2017/11/22

フィレンツェ(会社で水耕栽培)

image

本葉出た。

image

真横からみるとこんな感じ。

image

別の鉢。 悪くないんじゃない?(笑)

image

image

image

壬生菜、冬菜、春菊、ホウレン草などなど。

2017/11/14

会社でも水耕栽培

image

これは壬生菜。 うちで発芽させたやつを植え込んで持ってきたら、会社の方が生育がいい。。。

image

会社の備品のLED水耕栽培セット。 発泡スチロールのフロートは、あんまり生育がよくないので、今期はスリット鉢とボラ土とお茶パックとバーミキュライト。 小さいスリット鉢10個がシンデレラフィット♪ フロートだと8株しか育てられない。 ついでに2つの容器の間に3つ植え込んでこぼれライトで育成。

image

フィレンツェ、こっちにも蒔いてたんだけど、室温で難なく発芽。 会社で、一番日当たりがよくて、一番暖かい部屋が空いてるから、昨年秋から冬場の野菜作ってます。 できた野菜は社長(=親友)と半分こ。 電気代と土地代です。(笑) 現在育成中は フィレンツェ 小松菜 壬生菜 冬菜 日本ホウレンソウ ベランダも使っちゃおうかなぁ。

2017/11/06

フィレンツェ発芽

image

水耕種まきから10日。 気温も足りないし、諦めて放置してたら発芽してました。 あらま。 慌てて、室内LED水耕栽培、再度セッティングです。 西側の私の部屋だとLEDの照明だけでは光量が不足しているようです。 リビングの縁側にスペースを作り、衣装ケース温室を移設。 夜にはぐっと冷えるので、ペット用のシートヒーターを容器の下に設置。 水温20度ぐらいを期待。 昼間は窓越しとは言え、日向ぼっこできないぐらいの暑さになるので心配。(レタスやサンチュや壬生菜は涼しい方が好きなはず) 午前10時で温室内30度なら許容範囲かな。 【栽培中】 グリーンリーフレタス サンチュ 壬生菜 正月菜 フィレンツェ 春菊(11月6日種まき) 以上6種。

2017/10/27

室内LED水耕 再開

真夏の間は休止していた室内LED水耕栽培。 ダスキンの水耕生活は10月初めから再開して、綺麗なレタスがわさわさしています。 今日はもう1つのほうのレポ。 夜の写真なのでおどろおどろしいですが。

image

逆さまにした衣装ケースの底に、LEDより小さな四角をくりぬき、乗せました。 衣装ケースの蓋の下には、ペット用のヒーターをセット。 セット後1時間ぐらいで22.7度(室温は18度)まで上昇したので、明日の朝には25度ぐらいには加温できるかな。

image

LEDをずらすとこんな感じ。穴からお手入れできます。 蒔いたのは、壬生菜と正月菜とホウレンソウと小松菜と、、、、フィレンツェ。 この時期にフィレンツェ。 芽が出るかな?

2017/08/23

水耕生活8月分

image

チマサンチュ。 子猫飼育中のためほぼ24時間エアコン稼働中。 そのおかげで、種まきから3週間で10cmぐらいに成長。 今回間引きせずにホントに放置してる。 ちょっと眺めに栽培して、大きな葉をとりたいなー。

2017/07/06

室内LED水耕栽培の記録の記録

先月セッティングした水耕生活。 ミニ白菜がいいサイズに成長しました。 食べてしまうと1ヶ月食材に困るので、植え直して育てます。 100均の24センチぐらいの透明なボウルと、植え木鉢がシンデレラフィット。 バーミキュラと液肥でセッティングしました。 屋外に出すので、虫食いになる可能性もありますが、できるだけ大きくしたいな~と思ってます。 3世代のサンチュは、初代が収穫中。2代目も収穫可能サイズに。3代目はまだまだひょろひょろ。 7月6日には新しい種セットが届きます。 1ヶ月があっという間です。 毎月リセットする感じが、また1ヶ月頑張ろう!って気分になれて清々しいです。

image

2017/06/29

室内LED水耕栽培の記録の記録

先週から1週間でずいぶん成長しました。 間引きで空いた場所に新しくスポンジをセットしてミニチンゲン菜の種まき。 種から育てたイチゴは、よく育っていたのにこの閉鎖栽培容器内でまさかのコナジラミ?+ハダニ? 撤去してお外での水耕栽培に切り替えました。 greenfarmは、エアレーションしてるせいか液肥のせいか、すごく成長が早い気がする。 ハイポネクス微粉末&お部屋畑へ移植したものはこんなには大きくなってない。 次にダスキンさんが種を持ってくるのは1週間後。 どのくらい育つかな?

image

2017/06/21

室内LED水耕栽培の記録 2017年6月

6月7日(水)ダスキンより「サラダミニ白菜」の種キット着。 5月度の「サラダ菜」は山善「お部屋畑」へ移植。    6月21日現在、掻き取り収穫中。    露光時間が長いせいか、    光量が不足しているためか、徒長気味。    1株は、バーミキュラ&ペット用水飲み&    ペットボトルに移植してみたら、    室内よりも大きく育った。

image

6月7日に「GreenFarm」を再セット。 左側奥に3代目サンチュ。 左手前は先に発芽させておいたミニチンゲンサイ。 真ん中と右はミニ白菜。 中央手前に種から育成中のイチゴ。 写真はセットから2週間の様子。 3代目サンチュは初代・2代目のいる「お部屋畑」に移動。 間引きしたものは、会社の「お部屋畑」にセット。 これから2週間で食べられるサイズになるんだろうか・・・。 と先月も同じことを思った気がする。 ということは今から来月に向けて発芽させておけば、収穫サイクルが短くなるのだけども、残念ながら今はLED育成器が満室御礼のため来月以降の検討事項とする。 5月度のサラダ菜は出来は悪くなかったのだけども、食材としては我が家にはイマイチ。サンチュのほうが好みだったので多分リピはない。 種は余ってるから、屋外の水耕栽培の根元にでも蒔いておこう。 <参考> 山善「お部屋畑」(会社に2個。自宅に2個) http://www.yamazen.co.jp/yamazenbook/product/ufufu/oheyabatake/info/ ダスキン「水耕生活」(機械と種はGreenFarmのもの) https://www.duskin.jp/service/eat/suikoseikatsu/ ユーイング「GreenFarm」 http://www.greenfarm.uing.u-tc.co.jp/uh-a01e/