サイト内検索 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター

菜園ナビさんの日記

菌のはたらき、マコモダケ!公開

菜園ナビ
菜園ナビさん  
コメント (9)
2017/10/13

image

みなさんは『マコモダケ』という植物をご存知でしょうか?

まるで見た目は太いネギかタケノコのようですが、こちらは、イネ科のマコモという植物に、黒穂菌(くろぼきん)という菌が入りこむことで、茎の部分が肥大化したものです。

この肥大化した部分が、食用となります!
(緑色の皮をはいで、中の白い部分を食べます)

素焼きや、天ぷら、炒め物と、様々な料理で食べることができ、タケノコに似た食感とほんのりヤングコーンのような風味が特徴です。タケノコのように下ごしらえが大変ではないので使いやすい食材ですね!

このマコモダケ、馴染みがない方も多いと思いますが、実は「古事記」や「日本書紀」、「万葉集」にも登場する、古くから日本に自生する水生植物なんだそうです。
出雲大社の神事にも使われ、マコモダケが成長するとともに白い部分に表れてくる黒い胞子の中身は、眉墨やお歯黒、漆器を作る際にも使われたそうです。

さてこちらは、カントリー親父さんが以前日記で書かれていた、トウモロコシです。

image

トウモロコシが変?byカントリー親父さんこちらもマコモダケと同じように、トウモロコシが“トウモロコシ黒穂菌”という菌に侵され、黒いキノコのようになったものです。
メキシコでは、メキシコのトリュフとも呼ばれ、珍味として人々に愛されているそうです。
ペースト状にしたものが売られており、パンに練り込んだり、ケサディーヤに挟んだり、スープに入れたりと、食べ方は多岐にわたります。


菌のはたらきは興味深いですね!

マコモダケは9月下旬から11月の頭くらいまでが旬とされます。
まだまだ食用に生産されている数は少ないですが、道の駅等で見つけたら、ぜひ食べてみてくださいね☆
六実のおじさんさん(千葉県)
63 日前

もぐファームさんが、以前つくってましたよね。
最近、出てきてくれないね。
病気でなければいいけど。
かっぱあたまさん(島根県)
63 日前

道の駅の近くの直売所で見つけて買いました。

image



「わけのわからんもんを またー」
とかみさんには睨まれましたが (笑)

名前だけは知ってましたが見るのは初めて どう見ても茎だよねえ・・・
美味っ!と言うほどのもんではないですねえ。 食物繊維豊富
まあ確かに・・殆ど筋ですから・・
焼くとコーンのような甘い香りがします。 中華料理でも使われるようですね。

image



焼いたけど筋がきついので細かく刻んで炊き込みご飯に混ぜました。
かただんごさん(兵庫県)
62 日前

私は中国料理の海鮮炒め(海鮮ものとフクロタケやウズラの玉子、緑黄色野菜を炒めたもの)で食べましたが、美味しかったですよ、缶詰の素材かもしれないですが。
私もそうですが、上手な調理法が知られていないのではないかな。
かっぱあたまさん(島根県)
62 日前

かただんごさん

 売り場のおばちゃんから炒めるか天ぷらと教えてもらったので半分はきんぴらにして食べました。
繊維がタケノコに近い食感?
八宝菜みたいにとろみをつけたら美味かったかもですねえ。
ぽんたさん
62 日前

私は今年、初めて栽培してるのですが、タンクの裏で放ったらかしになってしまいました。

枯れてはいないのですが、ムムムです(^◇^;)

昨日、足柄山の金太郎さんにマコモどうですか?と聞かれ、明日様子見てきますね と言ったら今日は雨で見に行けず、偶然にも今日のコラムでマコモが紹介されててびっくりしました。
sutaさん
62 日前

大好物です。 マコモあるには あるけど 菌がないから
ただのマコモです。
ここ最近は 食べてないです。
カントリー親父さん
62 日前

ナビさん
本人も忘れていた3年前の日記を
よくもまぁ、探し当ててきましたね(笑

その後、幸いにも勇気を試されることも
なく、今日に至っております(笑)
ケダマタヌさん(大分県)
61 日前

マコモダケ、数年前から近くの農産物直売所ででかい看板見かけます。
確か、まだ食したことないと思うので(年取ると、忘れっぽくって、もしかして食べてるかも…)、今度一度買ってみます。
マコモダケとちょっと話がずれますが、うちの近所に薦(こも)八幡という神社があります。
"全国八幡宮の総本宮である宇佐神宮の祖宮といわれ、承和年間(834-848年)の創建と伝える古社"だそうで、宇佐神宮に比べると規模も小さくひっそりとした感じですが、"養老3年(720年)、大隅・日向の隼人の反乱(大隅国府襲撃)で大伴旅人が率いる大和朝廷軍および宇佐神宮の辛島波豆米(からしまのはづめ)率いる宇佐「神軍」が、薦神社の三角池に自生する真薦を刈って作った枕形の御験、薦枕(こもまくら)を神体に、神輿を奉じて日向まで行幸し、乱を鎮めたと言われる"そうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%A6%E7%A5%9E%E7%A4%BE

https://www.nakatsuyaba.com/tokusyu/spot/komo.html
海ほたるさん
60 日前

年末年始のお正月飾りで中国産や台湾産の商品は稲わらではなくマコモを使って作成されている・・・と聞きます!

国産のワラと比べると1本1本が太かったり荒かったり比べると全然違いました・・・
記事にコメントするには
ログインが必要です。